総量規制対象外のカードローンを利用したときの体験談

総量規制対象外のカードローンを利用したときの体験談

最初は総量規制対象外のカードローンの区別さえもわかりませんでした。他にもカードローンを使っており、事情があって限度枠を使い切ってしまいました。あと5万借りる必要がありました。増枠の希望を業者の方に出そうとしましたが、いろいろ調べていくと、新規契約より増枠の方が厳しいと評価する人が多いことで、新規に申し込みをすることを決断しました。そんなときに総量規制対象外となる業者の存在を知ることになりました。

最初に利用していたのは銀行で、次に選択したのが総量規制対象外のカードローンです。その時は急いでいましたので、即日融資を実現することができる消費者金融を選びました。この業者こそ総量規制対象外になります。総量規制は収入の3分の1以上は借りることができない規制になっており、主に消費者金融や信販会社が対象にされています。最初に契約をしていた銀行の方はこの対象にならないことで、優に収入の3分の1以内に収まることになり、申込みを行い融資を実現することができました。

また新規に契約をするときには気を付けなければならないことを自覚しました。収入の3分の1を超えてしまえば、それだけで申し込みをしても拒否されることから、次はないと覚悟をしなければなりません。しかし総量規制は消費者金融等にしか該当しませんので、銀行であれば申し込みをすることができるようです。本来であれば薦められる行動ではありませんが、体感したからこそ次に繋がる行動をすることができそうです。